皆さん、こんにちは!しずおか農山村サポーターむらサポです。

今回は静岡市葵区で開催された「アイデアソン」についてご紹介します☆

--------------------

令和元年11月16、17日に、静岡市葵区の有東木地区と玉川地区(旧玉川村)を舞台に、農林水産省と一般社団法人「INSPIRE」※との共催による「アイデアソン」が開催されました。

アイデアソンとは、アイデアとマラソンを組み合わせた造語です。
全国から一般公募により選ばれた企業、団体、志のある若者等と農林水産省の若手職員約40名がチームを編成し、現地調査を経て、地元関係者、県・市からの情報提供をもとに課題を抱える特定の農山漁村地域について、斬新なアイデアで、地域課題の解決策を探りました。

有東木チームからは、特産品のわさびや茶のかおりを活かした「カオリンピック」の開催、玉川チームからは、古民家の縁側とグランピングを組み合わせた「縁ピング」の開催といった「突き抜けた」アイデアが数多く出されました。

地域の方々からも、自分たちでは思いつかない発想で「参考になった」、「実現に向けて地域でも考えてみたい」との意見が聞かれました。

今後も農林水産省や県・市が連携し、地域に寄り添い、地域の課題解決までをフォローしていきます。

※一般社団法人 INSPIRE
 国内最大級の地方創生イノベータープラットホームを企画・運営する非営利法人。代表理事:谷中修吾氏(静岡県出身)


                  現地調査(有東木)                                         現地調査(玉川)


     各グループの発表会              INSPIRE 谷中氏