2010年4月に設立され、
未来の子どもたちに豊かな森を引き継ぐことを目的に、掛川市で森林環境活動で活躍されている
NPO法人時ノ寿の森クラブさんが、
6月4日に、認定NPO法人になりました!

<認定NPO法人とは>
「NPO法人のうち、その運営組織及び事業活動が適切であって公益の増進に資するものにつき一定の基準に適合したもの」が認定NPO法人になることができます。
そして、認定NPO法人になると、その法人へ寄付した市民や企業等の寄付者が、税制上優遇されます。
認定NPO法人が増えることによって、多くの社会貢献活動が市民に認知され、寄付が集まり、より活動が発展していくことが期待されています。

以下、認定NPO法人時ノ寿の森クラブさんからのコメントです。

*****
新型コロナウイルスの感染対策長期化により、企業活動はもちろんですが、NPO法人の活動にも深刻な影響が及んでいます。しかし、100年に一度と言われる社会の大変革、気候変動による大災害時代を目の当たりにし、当NPO法人が推進している「森林と共生する循環型社会」の重要性は、一層高まっていると言えます。 
 時ノ寿の森クラブは、認定NPO法人を新たな出発点と自覚し、社会全体から信頼され、かつ参加してもらえる森林環境活動に発展していくよう、役員及びスタッフ一同は、一丸となって努力して参ります。
 これまでの会員及び支援者の皆様には、更なる御支援と御指導をよろしくお願い申し上げます。
 新たな寄附をご検討されている方は、時ノ寿の森クラブが寄附先として適当かどうか、吟味くださいますよう、お願い申し上げます。
*****

認定NPO法人時ノ寿の森クラブさんのますますのご活躍に注目してください!!

○HPはこちらからご覧ください↓↓
https://tokinosunomori.com/