棚田いこうよ
~伝えたいものがあります。 学びたいことがあります。~

2022年度 菊川市倉沢の棚田「せんがまち」
棚田オーナー 募集!

棚田はかつて日本のどこにでもあり、先人たちが、いきものと自然の循環の中で、いのちをつなぎ暮らしてきました。
「1000枚の田んぼ」という意味から千框(せんがまち)と呼ばれてきた、倉沢の棚田。
この棚田を、田舎と都市・今と未来の暮らし方につながる人づくりの場として、わたしたちと守っていきませんか?

詳しくはこちらをご覧ください
https://www.tanada1504.net/owner.html

【棚田オーナー募集概要】
●応募方法 → → → https://www.tanada1504.net/form/entry/
申込いただいた方に、当方より振込用紙を郵送いたします。
お振込先着順に60組の方をオーナーとさせていただきます。

●オーナー料金:1区画 32,000円
 ※1区画(棚田1~数枚) / 家族5人程度、またはグループ5人程度

●特典
 1)収穫棚田米(新米)15kg
 2)農作業体験。楽しく学べるイベントへの優先的参加
 3)農作業に必要な鎌(かま)などの道具の貸し出し
 4)ボランティアの大学生が作業をお手伝いします

●参加条件
 1)「田植え」「稲刈り」への参加、草刈りなどの農作業 
  ※ご都合により農作業に参加できない場合は当方で作業を行います。
 2)途中大会の場合、料金の返還・米等の進呈はできません
 3)ケガ等事故については自己責任でお願いします

●作業予定
 「田植え」5月下旬頃の土曜日
 「稲刈り」10月下旬頃の土曜日
 「草刈りなどの農作業」3・4・5・7・8・9月(月1回程度の土曜日)
 ※田植え、稲刈りは日曜日を予備日とします
 ※農作業の日程は、ホームページ「年間予定」でご確認いただけます
 ※「せんがまち通信」で農作業やイベントの詳しいお知らせをいたします

【お問い合わせ】
NPO法人せんがまち棚田倶楽部(事務局:堀 延弘)
〒439-0002 静岡県菊川市倉沢1102
電話:090-3251-1390
FAX:0537-36-6183
E-mail:sengamachi@tanada1504.net

======================
○●新型コロナウイルス感染症対策「新しい生活様式」を実践しましょう●○
======================
現在、
静岡県の新型コロナウイルス感染状況は「国評価レベル2(警戒を強化すべきレベル)」であり、
今後の感染拡大防止に警戒が必要です。
・不要不急の帰省や旅行など都道府県をまたいだ移動、
県内においても不要不急の外出については自粛しましょう
・3つの密は「1密」でも回避しましょう(密閉空間 密集場所 密接場面)
・マスクを付け、咳エチケットをしましょう
・こまめに手を洗い消毒をしましょう
・換気をしましょう
・屋外の活動でも、「食事は黙って食べる」「会話は必ずマスクを着用する」ことをお願いします
・体温測定や健康チェックをし、発熱や風邪の症状がある場合は無理せず自宅で療養しましょう

一日も早くこの事態が収束することを願って、「新しい生活様式」を実践し、
できることをしていきましょう

○●ふじのくにの農林水産物を買って繋がろう!「バイ・シズオカ」運動!●○
「バイ・シズオカ」は、県内の農林水産業の皆様が直面する厳しい現状を、
県民の共助で乗り越えていくため、
農林水産品の購入や直売加工施設の利用を呼び掛けていく取り組みです。
しずおかの農林水産品を買って(BUY)、生産者に寄り添う(BY)ことにより、
元気になる「バイ・シズオカ」運動にぜひご参加ください