こんにちは!「しずおか農山村サポーターむらサポ」です!
みなさん、日頃の疲れを癒す一時に「ビール」はいかがですか?
静岡新聞でご覧になった方もいるかもしれませんが、静岡市清水区の両河内産の大麦を使ったビール「両河内エール」が誕生しました!
NPO法人「複合力」のみなさんや、市民のみなさんが休耕地を耕して育てた無農薬・化学肥料不使用の地元産大麦が主原料です。
NPO法人複合力さんは、むらサポでもご案内している絶品ジェラードを提供するCOMOを運営している法人で、様々なアイデアで地域に人を呼び込む活動を積極的に行なっています。
今回の大麦は、農業体験会などを通じて小学生や高齢者など200人が栽培や収穫に関わっているそうで、ラベルには「市民の力で育てた両河内エール」が刻まれています!
農山村を盛り上げていこうと考えてくださる法人のみなさんと、その取組みに私達も協力したいと思う市民のみなさんの思いが重なった素敵なビールだと思います。
300本限定で、1本(330ml)540円!両河内まつり(例年10月中旬)や、清水森林公園秋祭り(10/29開催)で販売されますので、是非お買い求めください!

※写真はNPO法人複合力さん提供

記事関するお問い合わせ先
静岡県交通基盤部 農地局農地保全課 054-221-2713