こんにちは!農山村サポーターむらサポです! 

 

函南町農泊推進協議会、令和2年度「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(地方版)に選定されました!!

関東農政局内で約100応募の中から、静岡県内では唯一。

「教育旅行での収穫体験」など地域の魅力の再発見と広域連携による、体験・学習プログラムや旅行商品の造成といった取り組みが認められました!

函南町は静岡県の東部に位置し、三島市と熱海市の間にあります。

ちなみに「函南(かんなみ)」という地名は、「箱根(函嶺)の南」に由来するそうです。

なにしろ有名な観光地に囲まれているのであまり目立たないかもしれませんが、実は魅力的な体験や観光がたくさん!!

例えば、「酪農王国オラッチェ」での「季節の野菜収穫体験」や「動物エサやり体験」。

リーズナブルに体験でき、観光のお客様だけでなく地元のファミリー層にも人気です。

また「伊豆わさびミュージアム」では、世界農業遺産に認定された伊豆のわさびを学び、遊び、食べて、わさびをとことん楽しめます。

他にも、プラネタリウムや化石展示のある「月光天文台」や、明太子製造の工場見学ができる「めんたいパーク伊豆」などなど、楽しみながら学べる施設がたくさん。

そして遊んで学んで楽しんだ後には、安らぎとぬくもりの天然温泉「湯~トピアかんなみ」へ。

富士山を見ながらの入浴は、格別です!

函南町農泊推進協議会では、これらのコンテンツを組み合わせたツアーだけでなく、オンラインでの教育旅行や多言語化、専門家による地域食材活用レシピの開発などにも力を入れています。

熱海や箱根といった有名観光地とは一味違う、「むら」滞在をぜひお楽しみください♪

詳しくは「かんなみ農泊」のホームページへ!

home

【問合せ】函南町農泊推進協議会(055-974-4192) ※ 「酪農王国オラッチェ」内

———————————————————————————

〈新型コロナウイルス感染症対策「新しい生活様式」を実践しましょう〉

・3つの密を避けましょう(密閉空間 密集場所 密接場面)

・マスクを付け、咳エチケットをしましょう

・こまめに手を洗い消毒をしましょう

・換気をしましょう

・不要不急の帰省や旅行など都道府県をまたいだ移動については慎重に行動しましょう

・体温測定や健康チェックをし、発熱や風邪の症状がある場合は無理せず自宅で療養しましょう

現在静岡県コロナウイルス感染症対策本部の警戒レベルは「レベル4(県内警戒、県外警戒)」であり、今後の感染拡大防止に特に注意が必要です

一日も早くこの事態が収束することを願って、「新しい生活様式」を実践し、できることをしていきましょう