こんにちは、しずおか農山村サポーターむらサポです。

むらサポでも御紹介している棚田オーナー募集!
本日は、菊川市上倉沢の棚田オーナーの募集について御紹介します。
   

菊川市上倉沢の棚田は、通称「千框(せんがまち)の棚田」と呼ばれています。
段々になった棚田と保全された畦のコントラストが美しいのはもちろんですが、この棚田は静岡県でも珍しい棚田です。
なぜ珍しいのか?
それは、棚田が世界農業遺産「静岡の茶草場(ちゃくさば)農法」で重要となる茶草場が棚田と隣接しているためです。
この茶草場と棚田が隣接している千框の棚田では、田んぼと草地を行き来しながら生息する貴重な ニホンアカガエルが生息 しています。
このニホンアカガエルは、冬〜早春に棚田へ移動して産卵し、普段は陸地で暮らす貴重な生き物です。
他にもフジタイゲキという植物や、カケガワフキバッタなど茶草場農法があるからこそ守られる貴重な動植物たちがいます。

茶草場農法とは
茶草場農法とは、茶園の畝間にススキやササを主とする草(茶草)を敷く伝統的農法のことです。
この茶草によって、茶の味や香りが良くなると言われています。茶草場とは、このススキやササが植生する場所のことを言います。

そんな貴重で美しい棚田「千框の棚田」で棚田オーナーになってみませんか?
1年を通して、農作業(春の田植え準備、田植え、草刈り、稲刈り)を体験してみませんか?
千框の棚田の魅力について御紹介します!

★千框の棚田の魅力!(先着60組)
○メロンの皮と評されるほど一面に広がる広大な棚田が美しいです!
○棚田オーナーになった方は、棚田をライトアップする「あぜ道アート」にも参加できます!(オーナーの方は無料で参加可能)
○稲刈りでは地域のお母さん手作りの美味しいお弁当と、菊川茶でおもてなしがあるかも!?(予定です。都合により変更の場合があります)
○オーナーになった方は、収穫棚田米15kgを差し上げます。
○田植え参加時は、世界農業遺産「静岡の茶草場農法」で作られた高級新茶100g贈呈!

★こんな方でも大丈夫!
○1人だけで1区画借りるのはちょっと・・・
○農作業をやったことがないからどうしよう・・・
そんな方でも大丈夫です。まずはお問合せ先までご相談ください。
県の職員も棚田の作業に参加しますので、一緒に楽しくやりましょう!

■オーナー料金:
【1区画1組(5人グループ程度)あたり32,000円】

↓お申込み、詳細はコチラ↓
http://www.tanada1504.net/owner.html

【お問い合わせ】
NPO法人せんがまちの棚田倶楽部(事務局:堀 延弘)
静岡県菊川市倉沢1102
 電話:090-3251-1390
 FAX:0537-36-6183
 mail:sengamachi@tanada1504.net