こんにちは!農山村サポーターむらサポです! 

12月になると、多賀の山はたくさんの黄色の果実「だいだい」で彩られます。

 

江戸時代末期、網代港に立ち寄った紀州の船乗りたちが食べていただいだいの種を植えたのが始まり。多賀はだいだいを植えるのに適した山並みが広がり、畑はどんどん広がりました。

だいだいの語源は「代々」。冬に熟した実が春になっても落ちずに木についていることから「代々続く」の意味で名付けられたと言われています。

そのため、「代々家が栄える」縁起の良い果物として、正月飾りにも用いられてきました。

そして熱海だいだいのビタミンCは豊富で、なんとレモンを上回るほど! 

ビタミンCは美肌や風邪予防、ストレスの抑制などにも効果的。

熱海といえば温泉。だいだいと温泉で、美肌の相乗効果も期待できそうです!

【問合せ】熱海市観光協会(0557-85-2222)

———————————————————————————

〈新型コロナウイルス感染症対策「新しい生活様式」を実践しましょう〉

・3つの密を避けましょう(密閉空間 密集場所 密接場面)

・マスクを付け、咳エチケットをしましょう

・こまめに手を洗い消毒をしましょう

・換気をしましょう

・不要不急の帰省や旅行など都道府県をまたいだ移動については慎重に行動しましょう

・体温測定や健康チェックをし、発熱や風邪の症状がある場合は無理せず自宅で療養しましょう

現在静岡県コロナウイルス感染症対策本部の警戒レベルは「レベル4(県内警戒、県外警戒)」であり、今後の感染拡大防止に注意が必要です

一日も早くこの事態が収束することを願って、「新しい生活様式」を実践し、できることをしていきましょう