こんにちは、しずおか農山村サポーターむらサポです。

磐田市北部に位置する敷地川沿いの地域「敷地村」。
ここは、ふじのくに美しく品格のある邑に登録されています。
本地域は、「次郎柿のある暮らし」「里山と里川の環境」「互産互消の交流」を題材に2018年から「学ぶー交わるー創るー拡げるー繋がる」活動を推進しています。
社会で使える英語の必要性が高まるなかで、敷地地域では、生活文化や農の営み、風景といった地域資源を世界へ情報発信し、訪れる人々との有意義な交流を図るため、英語を使った言語能力の向上と良好な関係を築く能力を地域住民が互いに身につけようと「しきじカレッジ&ヴィレッジ」に取り組んでいます。

第2回では、
①敷地地域における魅力ある資源をピックアップする
②ピックアップした資源の情報発信の方法を検討
③学校での教材化、課外授業化の可能性の検討
④地域の国際人たちとの交流の接点のつくりかた
⑤サマーキャンプや交流事業の企画

などについて、グループ別に検討・企画します。

地域に住んでいる方は、自分たちの地域をもう一度見なおしてみませんか?
また、地域づくりの参考に敷地地域の取組みについて参加しながら学んでみませんか?
ご参加お待ちしています。

日時 平成30年6月30日(土)
13時30分から16時30分
会場 豊岡東交流センター
静岡県磐田市敷地1187−3)
定員 80名先着順
申込・問合せ先 豊岡東交流センター
電話 0539-62-6669