みなさん、こんにちは!しずおか農山村サポーター「むらサポ」です。

2月24日(水)に開催するオンラインセミナーでは、地域と企業が連携して地域づくりを行っている4地区の事例について各地域の方からお話しいただきます。

セミナーの内容等詳細についての記事はこちら↓
https://www.shizuoka-murasapo.net/info/nousonsaiseidesignseminar/

むらサポでは4地区がどんな取組を行っているのか、1地区ずつ紹介していきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

事例① 沼津 西浦内浦版こどもローカルマガジンプロジェクト
               (寿太郎みかんのふるさと 西浦)

【取組概要】

 ・地域の小中学生が、自分たちの住んでいる地域について体験や取材を通じて地域の魅力を発見し、地域内外の方に伝える情報誌を制作しました。
 ・みかんの摘果体験やダイビング体験、移住者インタビューなど6つのテーマを決め自分たちで取材を行いました。

 ・完成した情報誌「うらっち」は令和3年1月に完成し、内浦・西浦の両地区センターやプラサヴェルデ、ららぽーと沼津内「沼津コート」等で配布しています。

【期待される効果】

 ○子どもたちにとって
  ・地域の魅力を知って、地域の良さを再認識できる
  ・地域社会やコミュニティの重要性に関心を持てる
  ・将来もこの地域で暮らしたい、働きたいと思えるようになる

 ○地域の人々にとって
  ・子どもたちの取材を受けることで、自分たちの仕事の魅力を再認識できる
  ・子どもたちの取材活動を通して、地域に活気が生まれる
  ・子どもたちの取材活動を通して、親たちも地域により深く関心を持てる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

記事を読んで取組内容に興味を持った方、地域活性化に向けて新たな取組をしたいと思った方はぜひセミナーへご参加ください!
他の3地区の取組についても順次ご紹介します!