こんにちは、しずおか農山村サポーターむらサポです。

静岡県のくらし・環境部では、高齢者・障害の有る人・子ども連れの人・外国の人など誰もが快適に過ごせるために施設やサービス、情報、製品をはじめからできるだけすべての人が利用しやすいようデザインしていこうとするユニバーサルデザイン(UD)を推進しています。

今日は、UDを推進する県内の企業や団体の中から、松崎町で桑の栽培や桑の葉茶の製造・加工を通じ、特別支援学校の生徒や意欲ある地域住民に活躍の場を提供している「企業組合松崎桑葉ファーム」を御紹介します。

松崎桑葉ファームのみなさんが活動している松崎町は、かつて養蚕と桑栽培で栄えた歴史ある街です。
松崎桑葉ファームでは、豊かな香りがする桑の葉を「松崎ブランド」として使用し、町おこしを行なっています。
地域との繋がりを大切にしており、東部特別支援学校・伊豆松崎分校の生徒の農業体験実習も行なっています。
この伊豆松崎分校との協働活動は、静岡県の農山村地域の活性化を図る「一社一村しずおか運動」にも認定されています。

そんな松崎桑葉ファームの皆さんが取り組むUDについて、今回メッセージをいただきました。
是非、こちらをご覧ください。
松崎桑葉ファームのみなさんからのメッセージ(県くらし・環境部HP)

ユニバーサルデザインについてのお問合せ先
静岡県くらし・環境部県民生活課
電話番号:054-221-3153(平日8時30分〜17時15分)

記事に関する問合せ先
静岡県経済産業部農地保全課
電話番号:054-221-2713(平日8時30分〜17時15分)