こんにちは!しずおか農山村サポーター「むらサポ」です!
伊豆半島でも最も歴史があるといわれる修善寺温泉。観光客で賑わう温泉街を桂流に沿って上流に進むと、管理の行き届いた美しい水田地帯が広がっています。

この地域は、「ふじのくに美しく品格のある邑」に「桂流コシヒカリのふる里」として登録されています。
ここで穫れた「桂流コシヒカリ」と、伊豆天城地域の絶品わさびを、温泉に宿泊した時に「わさび飯」として食べることができるキャンペーンが行われています。
  
わさび飯は、かつて地元の農家が田畑での作業時におにぎりを持って行き、清流沿いの石でわさびをすりおろし、おにぎりを食べていたことが始まりなんだそうです。
私も、わさび飯を食べたことがありますが、新鮮なわさびの辛さは、通常のわさびに比べて優しく、わさびの爽やかな香りが、ご飯に載せられた鰹節とよく合います。

 是非このキャンペーン中に温泉でゆったりしながら、旬な地元産のお米とわさびを美味しく食べましょう!

写真は、修善寺旅館協同組合「旅ナビ」様の許可を得て掲載しています。

キャンペーン期間 平成29年12月10日まで
注意

わさび飯を食べることができる宿が決まっています。また、宿によってプランがそれぞれありますので、宿を決めた後にプランを各自確認してください。宿の一覧はこちらから

お問合せ先

修善寺温泉旅館協同組合
電話 0558-72-0271
(宿泊プランは、各自、宿へお問い合わせください。その他についてはお問い合わせください)