こんにちは、しずおか農山村サポーターむらサポです。

8月21日は県民の日!
静岡県の西部地区では、県民の日にちなんで、8月に観光ボランティアガイドによる「県民の日おもてなし体験イベント」を実施します。
観光ボランティアと文化財を巡ったり、親子体験を行ったりとさまざまな内容が予定されています。
今回御紹介するのは、美しく品格のある邑にも登録されている「高天神」にまつわる「歴史」を楽しむイベントです。
定員に限りがありますので、希望の方はお早めにお申し込みお願いします!

○中村砦と永福寺の天井画を巡る
高天神と言えば、「高天神を制する者は遠州を制する」と言われた要衝の地。
徳川と武田が攻防戦を繰り広げた場所としても知られ、地形を活かした高天神城は「難攻不落の名城」と呼ばれていました。
そうした背景もあり中村砦は、徳川が高天神城を孤立させるため、6つの砦の一つとして作られました。
そして、永福寺と言えば、東海最大とも言われる64帖の天井画があります。
拝観は、基本的に行事やイベントがある時のみ・・・!ということのようですので、必見です!

開催日時 平成30年8月4日(土)
9時から12時
イベント内容 中村砦と永福寺の天井画を巡る
集合場所 大東北公民館に9時集合
定員・参加費 15名、無料
申込・問い合わせ先 高天神城観光ボランティアの会
電話 0537-24-2435(大石さん)

○高天神城史跡周辺を巡るウォーキング

開催日時 平成30年8月19日(日)
9時から12時
イベント内容 高天神城史跡周辺を巡るウォーキング
集合 大東北公民館に9時集合
定員・参加費 30名、無料
申込・問い合わせ先 掛川観光ボランティアガイド
電話 0537-72-5637