こんにちは!農山村サポーターむらサポです!

新型コロナウイルスの影響によるレストラン等の休業を受け、生産者が苦しい、大変だという話題が多い状況のなか、ネット通販に挑戦して売上を回復させた若手農家がいます。

野本達彦さんは、2017年から3年間伊豆市地域おこし協力隊として市内の原木しいたけ農家で修行し、今年1月に独立。新規就農したばかりで地元での販売先が限られる上、新型コロナウイルスの影響も受け売上が伸び悩んでいました。そこでネット通販に力を入れたところ、全国から300件を超える申し込みがあり顧客獲得に成功。コロナの苦境を逆手にとって、売上を回復させました。野本さんの活躍は、静岡朝日テレビのニュースでも取り上げられました!

 

伊豆市の特産品の1つ「原木」しいたけ。

原木しいたけならではの香りや食感が、多くのファンに愛されています。

ぜひこの機に、野本さんの原木しいたけをお試しください!

販売サイト https://www.tabechoku.com/producers/20524

———————————————————————————–

<新型コロナウイルス感染症対策をしましょう>

・不要不急の外出は避けましょう

・3つの密を避けましょう(密閉空間 密集場所 密接場面)

・マスクを付け、咳エチケットをしましょう

・こまめに手を洗い消毒をしましょう

・換気をしましょう

今は、邑の美しい風景写真などを見て、お家で和んでいただければと思います。

一日も早くこの事態が収束することを願って、一人一人ができることをしていきましょう。