こんにちは!しずおか農山村サポーターむらサポです。

東伊豆町稲取で、稲取温泉旅館協同組合主催「稲取温泉雛のつるし祭り」が開催中です。稲取はつるし飾り発祥の地で、江戸時代より、娘の成長を願う母や祖母手作りの「つるし飾り」が飾られる風習がありました。お雛様を購入できる裕福な家庭がまれな中、代わりに手作りで、娘の成長を祝おうという親心から生まれたものです。
期間中は各会場でさまざまなイベントが行われますが、「素盞鳴神社雛段飾り」は雛人形を飾る段数としては、日本一の118段(伊東市佛現寺と同数)と圧巻で、毎年来場数がうなぎ上りに増えています。前回から新会場となった三嶋神社の飾りも非常に華やかで人気です。

他、稲取文化公園ではひな祭り市場(~3/10)が開催され、地場産品やお土産、つるし飾りなどの販売で賑います。また、まつり期間中は、日没から午後9時まで稲取文化公園のイルミネーション(通称:プリンセスロード)が点灯されます。2月17日~3月11日の土日(計8回)は、駅から文化公園までの中間地点いきいきセンターで、10:00~15:00まで金目鯛の味噌汁が無料で振る舞われます。お土産用のお菓子の販売もあります。その他イベント盛りだくさんですので、ぜひチラシをご確認ください。

稲取独自の美しい風習として伝統を後生に残したいという思いから始まった「稲取温泉雛のつるし祭り」、ぜひ足を運んでみてください。

開催期間

1月20日(土)~3月31日(土)

開催場所

稲取温泉各地  http://www.inatorionsen.or.jp/hina_sp/map.html (マップ)

問合せ先 稲取温泉旅館協同組合0557-95-2901

「素盞鳴神社雛段飾り」

開催期間 2月22日(木)~3月4日(日) 10:30~15:00
開催場所 素盞鳴神社、三嶋神社