こんにちは、しずおか農山村サポーターむらサポです。

御前崎市北東部の水田と茶園のコントラストが美しい地域「朝比奈」は、ふじのくに美しく品格のある邑に登録されている地域で、地域の交流拠点「あらさわふる里公園」を中心に農村の魅力を発信しています。
 「あらさわふる里公園」では、ビオトープエリアや農業体験エリア、バーベキュー広場など農村の魅力を満喫できる施設が整っており、お花見や茶園ピクニックなどに参加するため、遠方からも多くの人が訪れます。

平成30年3月11日まで、「あらさわふる里公園」では「梅・さくらまつり」が開催されています。

   
(写真左は、過去に咲いた梅のお花、写真右は、過去の桜並木の様子です)

園内にある紅梅や白梅、しだれ梅など合計約200本が2月上旬から見ごろを迎え、2月中旬になるとあらさわ紅桜、3月上旬から3月下旬にかけては寒緋桜、陽光桜、ソメイヨシノの順に、合計約230本の桜が春らしいきれいなピンクの花を咲かせます。
まつり期間中の毎週日曜には先着100人に甘酒を振る舞っていますので、カメラを持ってお出かけしてはいかがですか?


(写真は、過去のあらさわ紅桜)